彩酉だより

地鶏でスープを取ったラーメンを提供しております

不要不急の外出を控えているけれど、土日などの休みを利用して外食をすることで気分がリフレッシュします。

 

マスクを着用して、少人数で食事をするなどの工夫をすることで、感染症対策ができるので安心です。

 

当店は感染症対策を万全に行っているため、衛生的な環境で調理を行い安全性の高い食材を提供しております。

 

地鶏を使った串揚げなどの料理を味わってから、締めとしてラーメンがおすすめです。

 

当店ではじっくりと時間をかけてスープを取り、麺とよくからむ地鶏のラーメンを提供しております。

 

豚骨などのスープに比べると、あっさりとしているのに旨味を感じられるのが特徴です。

 

日本酒やハイボール、泡盛などのお酒を飲んだ後は、炭水化物が不足するので締めにラーメンを食べるのは理にかなっています。

 

当店のラーメンは、幅広い年代の方に好まれる味付けになるよう工夫しております。

焼き鳥で人気のレシピ

居酒屋メニューでは特に人気となっているのが焼き鳥です。

 

お店に行った時にとりあえず注文するという人は多いのではないでしょうか。

 

焼き鳥といっても、さまざまなレシピが用意されています。

 

特によく選ばれているものでは、柔らかでジューシーなモモ肉を使ったメニューです。

 

この場合も、甘辛いタレと、さっぱりと食べられる塩を選べますので、その違いを比べてみることもおすすめです。

 

鶏肉だけではなく、間に白ネギを挟んだ、ねぎまやししとうを間に挟んだ串も人気があります。

 

このほかでは、ヘルシーなささみ、皮部分だけ焼いた皮の串も人気があります。

 

ひき肉をハンバーグのようにしたつくねも、お子さんや女性にも食べやすいことで人気です。

 

さらに、コリコリとした食感が楽しめる砂ずり、鉄分が豊富なレバーなどもおすすめです。

 

焼き鳥レシピは鶏肉を使ったものだけではなく、ししとうやしいたけ串など、野菜やきのこを使うものもあり、ヘルシー志向の人からも多く支持されています。

肉卸直営店だからできる地鶏のレアな焼き鳥

地鶏の焼き鳥というのは、自宅では味わえない贅沢なものとして知られています。

 

特にレアな部位に関しては、食べたことがないという人も少なくありません。

 

当店は肉卸直営店であるため、ほかでは味わうことが不可能な希少な部位を焼き鳥にして、お手頃価格で食べられるようにしているのが特徴です。

 

新鮮な地鶏を使って作るため、食べた途端、癖になるという人もいるほど好評をいただいています。

 

ハラミ・フリソデ・白子など聞いたことがないような部位でも、手軽に食べてもらえる価格で提供しているため、安心して注文することが可能です。

 

種類が豊富でどれを食べたらいいのか分からないときには、お任せ串盛りも承っているため、迷ったときには注文の参考にしてください。

 

もちろん焼き鳥だけではなく、直営店でしか出せない地鶏の刺身や鍋、一品料理も提供しています。

 

一人でお見えいただいても大丈夫ですし、ご友人・知人や仲間との宴会など幅広いシーンでご利用いただけるため、お気軽に足を運んでください。

焼き鳥のたれを作る方法

焼き鳥を楽しむ方法としては、シンプルに塩味で楽しむのも良いですが、甘辛いたれもおいしくいただけます。

 

当店では、オリジナルのタレで提供しておりますが、一般的な焼き鳥のたれは、ご自宅でも手軽に作れます。

 

調味料も特別なものは必要なく、普段の料理で使っているものを利用できます。

 

自宅で作るなら、醤油や、砂糖、みりん・料理酒などがあれば十分です。

 

醤油の一部をめんつゆにしても、より深い味わいを得られます。

 

作り方もシンプルで、すべての材料を鍋やフライパンに入れて、とろみがつくまで煮詰めていきます。

 

味見をしながら好みの味に仕上げていきましょう。

 

醤油やみりんなどの割合でもかなり味は変わってきますので、いろいろなパターンで比較してみることもおすすめです。

 

味の好みは人それぞれ違いがあり、甘味が好きな人もいれば、甘さ控えめのほうが好きな人もいます。

 

やや手間はかかりますが、手作りなら自分の好みのたれ作りは楽しいものです。

焼き鳥をグリルで焼く方法

自宅で焼き鳥を楽しむ方法としては、フライパンも役立ちますが魚焼きグリルでもおいしく焼けます。

 

グリルで焼くと竹串が焦げやすくなりますので、塩水にしばらくつけておく、もしくは串部分をホイルで覆うなどの工夫も必要です。

 

金串なら焦げる心配はありませんが、触ったときに熱いので注意しましょう。

 

焼き方としては、グリルを温めて、両面をしっかりと焼くようにします。

 

焼き網にそのまま乗せるとくっついてしまう可能性があるので、薄く油を敷いておくと安心です。

 

受け皿に水を入れるかどうかは、ご家庭に設置されている機器によっても違いますので、説明書を確認しておきましょう。

 

両面焼きの場合は、そのまま火が通り、焦げ目がつくのを待つことになりますが、片面焼きの場合は、途中でひっくり返す作業が必要です。

 

強火にすると、表面ばかりが焦げてしまうので、中火程度で焼くことがおすすめです。

 

焦げそうな場合は途中でアルミホイルをかぶせるなどの工夫をしてみてください。

焼き鳥のカロリーはどれくらいか

脂肪が気になるから焼き鳥をたくさん食べるのは遠慮しておくという人もいますが、どの部位がどれくらいなのか正確に理解していれば、太ってしまうようなことはありません。

 

実は焼き鳥ほど、部位によってカロリーに差があるものはないといえます。

 

最も高いのは皮で、1串で150から160kcalほどになります。

 

逆に最も少ないのは、レバーや砂肝で、1串25から42kcalほどです。

 

たれと塩では、たれの方がわずかに高く、同じモモ肉の1串でも、たれの場合は90kcal、塩の場合は80kcalほどと、10kcalの差があります。

 

どの部位をどれくらい食べるのかによって、摂取過剰にならないようにすることが可能です。

 

野菜を交えながら脂肪分などの多い部位を避けて食べることで、ストレスフリーな食べ方ができます。

 

注意したいのはつくねです。

 

つくねは鳥のひき肉を焼いた物であるため、他の部位よりも1本当たりのカロリーは高めで、1串当たり150kcal以上あります。

 

太りすぎないように食べたいなら、つくねは1本だけにして、他は野菜を多めにとるなど工夫をして食べてみてください。

当店は地鶏を使ったメニューが豊富な居酒屋です

仕事や家事などで忙しく、外出などを控えていると精神的なストレスが溜まりやすくなります。

 

当店ではマスクを着用して、ほかの人と距離を取ることで安全に外食をすることが可能です。

 

肉料理専門店の居酒屋ですから、信頼できる産地の地鶏を使用した串焼きや鍋物、ラーメンなどの料理を自信を持って提供しております。

 

じっくりと時間をかけてスープを取った鍋物は、野菜や豆腐などと相性が良いので一度味わってみてください。

 

当店では高品質で上質な地鶏を産地直送で仕入れているため、新鮮でリーズナブルな価格を実現しています。

 

炭火でじっくりと焼いた串焼きの盛り合わせは、少人数のグループにおすすめです。

 

ハラミなどはもちろん、フリソデや白子などの希少部位も味わっていただけます。

 

フルーティーな果実酒も提供をしておりますので、女性にも入りやすいお店です。

 

室内の清掃や殺菌などを徹底しているので、安心してご利用ください。

自宅でも楽しめる地鶏レシピ

鶏肉の中でも、地鶏は特にグレードが高く、適度な歯ごたえがあるのが特徴的です。

 

鶏料理店では、こうした鶏肉が選ばれることも多くなっていますが、スーパーなどのお店でも販売されていることがあります。

 

一般的に販売されている鶏肉とは、肉の柔らかさや風味も違いますので、その違いを比較してみることもおすすめです。

 

どのように料理をするかでも悩むところですが、レシピとしてはまずはシンプルな塩焼きがあげられます。

 

焼き方はフライパンでも、グリルでもどちらでもおいしく楽しんでいただけるでしょう。

 

調味料の味に頼らず、シンプルに塩だけで食べられるので、鶏肉の味をしっかりと楽しめます。

 

このほかでは、串に刺して焼き鳥としてもおすすめです。

 

一般家庭では焼き網で焼くことは難しくなりますが、フライパンやホットプレートでもおいしくいただけます。

 

寒い時期は鍋物でいただくのがイチ押しです。

鶏料理の魅力とは?

主な部位やおすすめの鶏料理を詳しく解説

牛肉や豚肉と同じように、日本では鶏料理も多くの人に親しまれています。さまざまな具材に合わせやすく、ステーキや煮込み料理などの幅広いジャンルで活躍できるのが特徴です。 今回は鶏料理の魅力について解説します。さらに自宅でも簡単に作れる鶏料理も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1. 鶏肉の魅力

ヘルシー、種類が豊富など、鶏肉には牛肉や豚肉にはない魅力があります。鶏料理を味わうときには、鶏肉の魅力を知っておきましょう。ここでは鶏肉の3つの魅力について紹介します。

1-1. 美容効果を期待できる

鶏肉には牛肉や豚肉よりもタンパク質は多く含まれているものの、脂肪分が少ないという特徴があります。またタンパク質には必須アミノ酸の1つであるトリプトファンが含まれており、幸せを作り出すホルモンといわれているセロトニンを効率よく生み出すという効果があります。
ほかにもビタミンB・E・K・ミネラルも多く含まれており、体力維持、老化防止、美肌効果などを期待できるでしょう。特に鶏のむね肉にはイミダゾールジペプチドという物質が含まれているため、疲労回復に役立つといわれています。仕事や家事でストレスがたまったときは、鶏料理を味わうのもよいでしょう。

1-2. さまざまな種類の鶏がいる

日本では紀元前300年頃、初期の弥生時代に鶏料理が伝わったとされており、日本最古の歴史書でもある古事記の中でも鶏に関する記述が残されています。当時の鶏は、時間を告げる聖鳥として大切に扱われていたそうです。
室町時代になると庶民の間でも鶏料理を親しむようになり、養鶏が普及するようになりました。全国的な普及に伴い、さまざまな在来種が誕生しています。現在では比内地鶏や名古屋コーチン、さつま地鶏といった38種類の在来種があり、歯ごたえやコクの違いを堪能できます。

2. 鶏の主な部位と特徴

鶏にはささみや手羽先などの部位があり、歯ごたえや味は異なります。ここでは鶏の主な部位と特徴を紹介します。

2-1. むね肉

むね肉は鶏の胸の部位であり、脂肪が少ないのであっさりとした味を楽しめます。また低カロリーなので、ダイエット中の方や肉体改造を行っている方におすすめです。
むね肉を使った料理には、唐揚げやクリーム煮、チキンカツやバンバンジーなどがあります。ただし、加熱しすぎるとパサッとした舌触りになるので、時間配分に注意しましょう。

2-2. もも肉

もも肉は足の付け根の部分です。もも肉は脂肪分が多く、歯ごたえがあるという特徴があります。
また、鶏肉が持つコクやうま味も感じられるでしょう。もも肉を使った料理には、チキンソテーや唐揚げ、香草焼きやカレーなどがあります。

2-3. ささみ

むね肉の中で肋骨に近い部分の肉のことで、牛肉や豚肉でいうヒレにあたります。むね肉と同じように、タンパク質が豊富で脂肪分が少ないという特徴があります。肉質がやわらかいので、むね肉よりも食べやすいでしょう。ただしささみには白い筋がついているので、丁寧に取り除いてから調理するのがおすすめです。ささみを使った主な料理としてサラダ、カツ、天ぷらがあります。

2-4. 手羽先と手羽元

手羽先とは翼の先端部分で、手羽元は翼の根本の部分です。手羽先には骨がついており、コクのあるダシを取ることができるため、焼き物や揚げ物、煮物などにおすすめです。
一方、手羽元は手羽先に比べると脂肪分は少なめになっています。手羽先と同じように、煮込みやスープなどの料理に向いています。

2-5. 内臓

鶏肉代表的な内臓には、砂肝やレバーなどがあります。さまざまな調理法がありますが、どれも焼いて食べるのが一般的です。
砂肝は牛肉や豚肉にない部位で、コリコリとした独特の食感を楽しめます。味にクセがないので、焼き肉、炒めものなどにも向いています。

3. 自宅でも簡単に作れる鶏料理

おいしい鶏料理を楽しみたいという方は、鶏料理の専門店でいただくのがおすすめです。しかし、中には自宅で鶏料理を楽しみたいという方もいるでしょう。ここでは自宅でも簡単に作れる鶏料理を2つ紹介します。

3-1. 鶏皮せんべい

ビールや日本酒のあてがほしい方におすすめなのが「鶏皮せんべい」で、こちらはカリカリとした食感を楽しめます。鶏皮せんべいで必要な材料は、鶏皮と塩こしょうのみです。
作り方ですが、まずは強火でフライパンを熱し、フライパンが熱せられたら油を引かずに鶏皮をそのまま投入します。炒めるうちに鶏皮の脂が出てくるので、焦げつくことはありません。

焦げ目がついたらひっくり返して反対側も炒めます。両面に焦げ目がついたら、キッチンペーパーの上に乗せて油分を拭き取りましょう。最後に塩こしょうを加えれば完成です。

3-2. もも肉のケチャップあえ

夕食の1品を手軽に作りたい方におすすめです。最初に大さじ1杯の砂糖・みりん・しょうゆ・すりおろしニンニクと大さじ4杯のケチャップを混ぜ合わせます。
その後、一口大サイズにカットしたもも肉と合わせてもみましょう。十分にもんだら、中火で熱したフライパンで焼き上げていき、肉の中まで火が通ったら完成です。

4. まとめ

鶏肉は脂肪分が少ないので、美肌効果や美容効果を期待できます。もも肉・むね肉・ささみ・内臓などの部位があり、さまざまな料理で使えるでしょう。本格的な鶏料理を楽しみたい方は、鶏肉の専門店がおすすめです。 「焼鳥ダイニング彩酉」では、焼き鳥をはじめ、なんこつの唐揚げやチキン南蛮、揚げ手羽先などさまざまなメニューをご用意しております。リーズナブルな価格で提供しておりますので、大宮やお台場で本格的な鶏料理を楽しみたい方はぜひ一度お越しください。

焼き鳥のカロリーはどのくらい?

カロリーを抑えて食事を楽しむ方法を紹介

焼き鳥の魅力は、味の種類が多く食べやすいことです。友人や親族でお酒やビールを飲みながら楽しめます。一方で、焼き鳥には多くのカロリーが含まれているのではないかと心配する方も少なくありません。 そこで今回は、焼き鳥のカロリーについて詳しく解説します。食事制限をしている方や、ダイエット中の方はぜひ参考にしてください。

1. 焼き鳥のカロリー

焼き鳥にはさまざまな種類があり、カロリーも異なります。ここでは代表的な焼き鳥の種類とカロリーを紹介します。

1-1. もも

ももとはももから足にかけた部分の肉であり、筋肉量が多く、歯ごたえがあるという魅力があります。さまざまなレシピで活躍しており、焼き鳥でもタレや塩などから選べます。ももは1本あたり97キロカロリーです。

1-1. ねぎま

ねぎまとは、鶏肉の間にねぎを刺した焼き鳥のことで、鶏肉とねぎが交互に串に刺さっているのが一般的です。ねぎまの「ま」は「まぐろ」のことを指しており、本来はねぎとまぐろを串に刺した料理のことを指していました。しかし現在では、ももなどの鶏肉とねぎをミックスさせた料理として多くの人に認知されています。
ねぎまには、鶏肉のうま味とねぎの甘味を一緒に味わえるという魅力があります。ももを使った場合、1本あたり86キロカロリーです。

1-3. ぼんじり

ぼんじりは鶏肉の尻尾にあたる部分です。尾骨の周りにはわずかな肉がついており、希少価値が高いという特徴があります。スーパーマーケットで見かける機会は少なく、主に鶏肉専門店や居酒屋などで味わえます。
ぼんじりはほかの部位に比べて脂が多く乗っており、プリプリとした歯ごたえを楽しめる部位です。ぼんじりは1本あたり119キロカロリーとなります。

1-4. レバー

レバーとは鳥の肝臓のことです。牛や豚のレバーは独特のクセがありますが、鶏のレバーはクセが少ないのでレバーが苦手な方でもおいしくいただけるでしょう。
レバーにはビタミンB1や葉酸などが含まれており、女性におすすめのメニューの1つです。レバーのカロリーは1本あたり56キロカロリーほどになります。

1-5. なんこつ

なんこつとは鶏の軟骨のことです。鶏の場合は膝軟骨と胸軟骨があり、膝軟骨のことをげんこつ、胸軟骨のことをやげんと呼びます。
コリコリとした食感が特徴で、ビタミンKやナイアシンなどが多く含まれています。なんこつは1本あたり27キロカロリーと少なめです。

1-6. 皮

皮とは鶏の皮膚のことです。部位によって厚さは異なりますが、一般的に首の皮が多く使われています。
皮にはコラーゲンが豊富に含まれており、美容効果を期待できるでしょう。皮は1本あたり249カロリーであり、ほかの部位に比べると少々高めとなっています。

1-7. 砂肝

砂肝とは砂のうと呼ばれる鶏の胃袋です。砂のうのほとんどは筋肉で構成されており、脂肪は含まれていません。
実際に提供する場合、砂のうから石や砂をきれいに取り除いてから調理します。砂肝は1本あたり47キロカロリーです。

1-8. つくね

つくねとは鶏肉を団子状にした焼き鳥のことです。挽き肉にたまごや山芋、パン粉などのつなぎを加え、塩やしょうゆなどの調味料を加えます。混ぜるものによってもカロリーは変わってきますが、1本あたり260キロカロリー程度です。

1-9. ハツ

ハツとは鶏の心臓であり、心臓を表す英語の「Heart」が、名前の由来といわれています。ハツは鉄分やビタミン類が多く含まれているのが特徴で、1本あたり104キロカロリーとなっています。

2. 1日に必要なカロリーは ?

1日に必要なカロリーは、活動量が少ない女性の場合であれば1,400~2,000キロカロリー、男性の場合は2,000~2,400キロカロリーとなります。ねぎまのカロリーで換算した場合、女性では16~23本分、男性では27本分に相当します。焼き鳥はほかの料理とは異なり、本数でおおよそのカロリーを計算するため、カロリーを調整している方もコントロールしやすいでしょう。

3. カロリーを抑えるためのコツ

焼き鳥を味わいたいものの、カロリーはできるだけ抑えたいという方もいるのではないでしょうか。ここではカロリーを抑えるためのコツを紹介します。

3-1. カロリーの低いメニューを選ぶ

焼き鳥は部位によってカロリーが異なります。カロリーが高い部位として、ぼんじりや皮、つくねなどが挙げられます。ぼんじりや皮は脂肪分が多く、つくねは鶏肉以外の食材を使うことも多いので、カロリーを気にする方は本数を控えた方がよいでしょう。
カロリーの低い部位として、なんこつや砂肝、レバーやハツなどが挙げられます。なんこつと砂肝は1本あたり50キロカロリー以下であり、特に女性の方から好評を得ています。どちらもコリコリとした独特な食感を楽しめるので、お酒のおつまみにおすすめです。

3-2. タレではなく塩を選ぶ

カロリーを気にする方は、タレよりもカロリーの低い塩の方がおすすめです。ただし、タレにはほどよい甘味があり、お酒にもよく合うという魅力があります。お店で味わうときは、タレと塩のバランスを考えながら注文するとよいでしょう。

4. まとめ

焼き鳥のカロリーは部位によって異なります。皮やぼんじりはカロリーが高く、なんこつや砂肝はカロリーが低い傾向にあります。低カロリーの部位を選ぶことで、ダイエット中も無理のない食事ができるようになるので、部位や味付けなどを工夫しながら食べてみるのはいかがでしょうか。 「焼鳥ダイニング彩酉」では定番の焼き鳥から、ほかでは味わえない希少部位を使った焼き鳥を提供しております。リーズナブルな価格で提供しておりますので、大宮やお台場で本格的な鶏料理を味わいたい方はぜひお越しください。