2021年12月20日

焼き鳥をグリルで焼く方法

自宅で焼き鳥を楽しむ方法としては、フライパンも役立ちますが魚焼きグリルでもおいしく焼けます。

 

グリルで焼くと竹串が焦げやすくなりますので、塩水にしばらくつけておく、もしくは串部分をホイルで覆うなどの工夫も必要です。

 

金串なら焦げる心配はありませんが、触ったときに熱いので注意しましょう。

 

焼き方としては、グリルを温めて、両面をしっかりと焼くようにします。

 

焼き網にそのまま乗せるとくっついてしまう可能性があるので、薄く油を敷いておくと安心です。

 

受け皿に水を入れるかどうかは、ご家庭に設置されている機器によっても違いますので、説明書を確認しておきましょう。

 

両面焼きの場合は、そのまま火が通り、焦げ目がつくのを待つことになりますが、片面焼きの場合は、途中でひっくり返す作業が必要です。

 

強火にすると、表面ばかりが焦げてしまうので、中火程度で焼くことがおすすめです。

 

焦げそうな場合は途中でアルミホイルをかぶせるなどの工夫をしてみてください。